幼少教育において存在感を強めているおもちゃのサブスク。子供にはより多くの遊びに触れてほしいけど収納場所がない、どんなものを選ぶべきかわからない、知育玩具を安く手に入れたいという方におすすめされているサービスです。しかし、中には子供が使うものをサブスクして大丈夫なのか、と不安に感じてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。それではこのサービスは実際どうなのかを確かめてみましょう。

まず、このサービスの魅力はなんと言ってもお子様の年齢に合ったおもちゃを定額でレンタルすることができることです。企業によって異なりますが、一度に送られてくるおもちゃの個数は6個が相場となっています。しかし、おもちゃの個数が多すぎるとレンタル期間中の収納スペースの確保が難しかったり、個数が多いがゆえに子供が集中して遊べなくなってしまうというデメリットもあります。その面ではお子様の性格や特性を考えた上でサブスクを利用する会社をお選びすることお薦めします。

そして、サブスクで気になるのが衛生面です。特に子供が触れて遊ぶものはしっかりと衛生的にしておきたいものです。企業による方法の違いはありますが、洗浄・消毒は全ての会社がしっかりおこなってくれています。元保育士さんや元介護スタッフの方、調理薬局が除菌工程監修などどの企業でもしっかり衛生面は確保されているようです。

先ほども話した通り、企業によって洗浄方法が異なりますので細かい方法が気になる方はお申し込み前にHPなどで確認することをお勧めします。また、おもちゃのサブスクを利用する場合は料金だけではなく、破損・紛失の保証や+αのサービス、スタッフさんとの連絡の取りやすさなども確認することで、安心して楽しく遊ぶことができるような環境を整えましょう。おもちゃのサブスクのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です