サブスクという名前を最近よく聞くようになったのではないでしょうか。これは定額課金の意味で、携帯電話の料金のように月額でお金を払い、対価を得るというものです。主に音楽や映像配信で利用されているサービス形態ですが、ここに来ておもちゃもその対象になってきています。おもちゃのサブスクと聞くと意味が分からないかもしれませんが、そのまま単純に毎月おもちゃを送ってくるというサービスです。

子供に買って上げるおもちゃは、飽きるとそこまでで費用対効果が微妙に感じる事も多いでしょう。そこでサブスクに加入すると、毎月新しいものを遊べるので新鮮さは相当なものです。もちろん所有欲という面では満たしにくい部分もありますが、それを補って余りあるほど毎月新しいおもちゃで遊べるというのは大きなポイントなのです。資源的にも、新しいものがすぐに無駄になるよりは、長くつかってもらった後に壊れて捨てられる方が良いに決まっているので、作る側からも嬉しいシステムかもしれません。

利用者は必ずしも希望のものがもらえるとは限りませんが、その一期一会を楽しむ心さえ持っていればいいのです。また、出来るだけ多くのオモチャと触れ合うということは感受性を豊かにする効果もあるため、単純にその行為が子供に良い影響を与えます。そういった意味では、この分野にサブスクが進出するというのは新しくありながらも、なるべくしてなったものだと考えられるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です